トラブルにならないように葬儀について知っておく

スムーズに進めるために

花輪

葬儀は、葬式と呼ばれることもありますが、正式名称は、葬儀式です。なぜ葬儀を行なうのかというと、亡くなった方への冥福を祈り別れを告げるためです。業者に依頼することで、スムーズに葬儀を進めることができます。

Read more »

高まるニーズ

骨壷を持つ女性

高齢化社会ということもあり、一人暮らしの高齢者が増加しています。そのため、遺品整理業を活用する人が増えているのです。時間が無い時に活用することもできますし、処分に困る遺品の相談に乗ってくれます。

Read more »

葬儀の費用やスタイル

数珠

ペット火葬でトラブルを起こさないためには、信頼できる業者に任せましょう。こちらは明朗会計なので信頼できますよ。

親切な対応でペット葬儀の業者を紹介してくれるのはこちらです。どこに頼めば良いか分からないときはここに聞きましょう。

葬儀はどれぐらいの費用がかかるかご存知でしょうか。頻繁に起こることではなく、ある時突然にやってくる出来事なので、気になっていてもなかなか人に相談できることではありません。葬儀の平均費用は120万円前後というデータがありますが、これは葬儀社や地域によって幅があります。一般的にはこの費用に加えて読経料や戒名料などお寺へ支払う費用、参列者への飲食費用などが加わり、さらに費用がかさみ、200万近くになることがあります。たとえ香典をいただいたとしても、香典返しの品物を贈るのが通例ですから、葬儀にはかなりの費用が必要と考えておく必要があります。費用を抑えるには、互助会への入会や各自治体で行っている市民葬のようなスタイルを選ぶと比較的安く済むことがあります。

一昔前までは、自宅で通夜や葬儀を執り行うことが多かったのですが、最近の生活スタイルや住宅事情の変化により、葬儀社で執り行うことが一般的になってきました。また、故人の遺志で家族葬や密葬、また直葬など葬儀自体を執り行わない形式もありますし、地域との付き合いの薄さや家族以外には知られたくない場合など特殊なケースも増えてきています。無宗教の人も増え、葬儀社側もそれに対応できるサービスも多岐にわたっています。費用面から考えると、参列者が増えるほど費用は高くなる傾向があります。会場の広さや祭壇の大きさも左右してきます。家族葬など近しい人だけの葬儀は、故人とゆっくりお別れできる、費用面でもコストダウンできるというメリットがありますが、ご近所の方にどこまで知らせるか、後々気分を害してトラブルにならないよう、配慮する必要があります。

使用権や管理料

泣いている女性

お墓を購入したら、お墓の使用権も取得しなければいけません。また、ほとんどの墓地では管理料が必要になります。管理料の未納期間が長くなると、使用権が取り消されることもあるので、注意が必要です。

Read more »

利用者の増加

霊柩車

遺品整理業の専門サービスのニーズが高くなってきています。以前までは、遺族が遺品整理を依頼することが多かったのですが、孤独死が増えたことで、賃貸物件の大家さんや不動産会社などが利用することも多くなったのです。

Read more »

ペットのための葬儀

祭壇

葬儀は人間だけではなく、ペットのためのペット葬儀もあります。ペット葬儀を請け負っている業者もいますが、依頼する場合は、口コミや評価をしっかり確認してから決めた方が良いです。

Read more »